お薦め

良い水を摂ることによって身体の健康維持をする

水を飲む時って喉が渇いた時だけだったり、
食事をしている時だけだったりしませんか。

ですがそれは軽い脱水症状の体のサインなのです。
喉が渇いた=水分不足です、ということになります。

勿論、少しの渇きでは倒れることはありませんが、
細目に水分を摂って喉が渇くなどということがない体にしましょう。

飲むのにお勧めなのは、ミネラルウォーターです。

水道水は昨今の塩素と水の物質の結びつきによって発生されるといわれている
トリハロメタンという物質を生むためにあまりお勧めは出来ません。

水分解消だけではなく、飲むのでしたら美味しくて体にいい水を
飲んだほうがいいではありませんか。

またミネラルウォーターにはカルシウムやナトリウム、
マグネシウムやカリウムなどがはいっていますので、
いろいろと体の働きを助ける効果もあります。

残念ながら日本人が飲みなれている軟水はこういった成分は低いのですが、
全くないわけではありませんので、何度も水を飲むのには向いているでしょう。

逆に硬水は全ての数値が高いのですが、日本人には飲みなれない主に外国産の水です。
飲むのに慣れている人ならともかく、慣れていないと完全にお腹を壊します。
しかも頻繁に飲む水としては向いていません。

飲むのでしたら少しずつ硬度を上げてお腹を丈夫にしてからにしましょう。

また水を細目に飲むとこによって、体から尿や汗となって毒素を出すデトックス効果や、
腸を刺激することによって老廃物を出す効果、
または空いた腸からミネラルが入り込むことによって
美肌効果やむくみをとる効果などもあります。

誤解されやすいのですが水を飲むと事で「水太り」ということが起こることはありません。
水太りの主な原因はむくみによって起こり、むくみは水分が不足しそうになった時に、
水分を逃がさないようにするために起こるといわれています。

大体1.5lの水分補給を目安に飲むといいとされており、
そんなに無理と思っていても細目に飲んでいれば簡単に飲めます。
また目に入るところや手の届くところにあれば飲んでしまうという結果もあります。
喫茶店やレストランがまさにそうといえるでしょう。