お薦め

日本有数のきれいな天然水

日本は水の大国といってもいいほどに水の豊かな国です。

数十年前まではミネラルウォーターなどが要らない、
水が売られることなど信じられないことでした。

しかし今では人々は綺麗な水を求めるようになりました。

環境汚染や水道管の老朽化、または塩素の問題から水道水の
安全神話が壊れてしまったためでしょう。
勿論、十分に飲める環境は整っているのですが、健康や美容のために綺麗な水を、
または純粋に美味しい水を求めるようになりました。
それが店やコンビニ、自販機などでの水の販売やミネラルサーバーへの普及と繋がっているのです。

それでは綺麗な水とは何処で採取されているのかといえば、日本のいたるところです。

まずは国土交通省「全国一級河川水質調査」で第1位獲得したという三重県大台町を流れる「宮川」です。
世界的に見ても多雨地帯の「大杉谷」を源流に支流が数多く、
黒潮の湿った空気が常に降り注ぎ、場所柄雨が多いのです。

また中下流域は、伊勢神宮の「宮域林」として古より守られてきました。
自然の恵みの雨と人々の水質保全への願いによって、豊かで綺麗な水が保たれているといってもいいでしょう。
そして有名な名水の場といえば富士山の中腹や麓で摂れる水の数々でしょう。
天然の玄武岩を通過したミネラルもバナジウムもたっぷりと含んだ天然水はまさに名水に相応しい水です。

標高1000m地点、地下273mの深層から汲み上げている「山の深層水」は
富士山の雪解け水が使用されています。
他にも様々な高さや深さからも汲み上げられている水が多くあります。

また同じ山系列の水でも箱根の山の水もまた有名です。
箱根といえば温泉で有名ですが、箱根山の雨や雪は、駒ケ岳の森林、岩石、土にろ過され、
地中深い安山岩層を通過し、天然温泉成分の他、ケイ素など天然ミネラルが溶け込んだ天然水になります。

他にも本当に様々な水源があり、個人所有などを挙げればきりがありません。

基本的に日本の水は軟水が多いのも特徴のひとつといえるでしょう。