お薦め

何故天然水が良いのか?

天然水というものは自然の水がそのまま汚染されていない山などに溜まり、
それが自然にろ過された水です。

つまり人間の手は一切入らないのです。

残念ながら人間が消毒と称するものは科学物質であり、
毒のもなりうるものを調整して毒にならないようにしているだけです。

昔は日本ほど水の豊かな国はないと言われるほどに日本全国にめぐらされた水道も、
水道管の老朽化と環境汚染のために絶対に最後まで塩素は残っていますし、
塩素の毒素の危険性もはっきりと分かっているにも関わらず入れないわけにはいかないのです。

その点、天然水は決められた地域できちんと調べられた水を組み上げ、
検査をされて問題がなければそのまま運ばれてきます。自然のままです。

ちなみに全国には有名な採水場もありますが、個人で所有するような井戸や湧水も多く存在しています。
勿論検査済であり、その所有者の意志で提供してくれるような場所もあります。

調べれば意外と自分が住んでいる県内にも点在していますので、
その地の水というものをいただくのはいかがでしょうか。

ただしそのためにはきちんとマナーを守り、いただくという気持ちを忘れてはなりません。
以前には公開していたのにあまりの荒らされように嘆いた所有者も少なくありません。
天然水をいただける希少な場所を減らさないように心がけましょう。

勿論、会社などが取り扱っているのも間違いなく天然水であるといえますし、
地下水などは山の岩を地表を通り抜け、ある意味ろ過されつつ、
岩に含まれたミネラル成分を大量に含んでいます。

日本は地表の関係から軟水の方が圧倒的に多いのですが、それでもミネラルが含まれています。
ミネラルは体にとてもいい効果をもたらしてくれるのです。
そういった意味でも山で摂れた天然水はただの水分補給や綺麗にしただけの水とは違う効果を発揮します。

また摂れた場所によっての水の効果もその土地に合わせるようにまったく違います。
有名なのは富士山の玄武岩の成分を含んだ水などが挙げられます。