お薦め

本物のナチュラルミネラルウォーター

本物のナチュラルミネラルウォーターというものは国内でもとても希少なものです。

決まった水源から採取した地下水を原水としたもので、
沈殿や、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的処理などを行わないナチュラルウォーターのうち、
地表から浸透し、地下を移動している途中、または地下に滞留中に地層の中に含まれている
無機塩類が溶解した地下水というのが、ナチュラルミネラルウォーターの定義であり、
その中には天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性のある地下水を含まれています。

全国には400以上の水の工場がありますが、
非加熱処理フレッシュパックを備えているのは10社前後しかないということですから、
希少なのは当然なのかもしれません。
さらに残念なことに国際法では認められていない技術だともいわれています。

「奥長良川の秘水」の源水は、岐阜県奥美濃にある環境汚染の全く無い
古代ジュラ紀という非常に古い時代の地層から湧き出た、
1億年の眠りから目覚めた名水とも言われています。

また世界遺産のひとつである大峯奥駈道の洞川湧水群 神泉洞の
ナチュラルミネラルウォーターである「大峰川の滴 天の川」は源泉よりパイプで採水し、
隣にある工場で機械を利用してボトリングしていますので、人の手が一切加わっていません。
そのため、きわめて清浄で自然な状態の水になっています。

本当に自然の力だけで生み出され、人間がするのは検査ぐらいの水が
本物のナチュラルミネラルウォーターといえるのではないでしょうか。

一般的に、日本国内で採取できるほとんどのナチュラルミネラルウォーターは軟水、
欧州で採取できるほとんどのものは硬水というのも
その土地柄を表しているといってもいいのではないでしょうか。

ですからミネラルウォーターは標識を見ないと硬水か軟水か分かりませんが、
国内でのミネラルサーバーは軟水が多いのは無理からぬことかもしれません。

他にも手が加えられていない天然の水であるナチュラルミネラルウォーターがありますし、
外国産のものもありますので、硬水が駄目な方は注意して選ぶようにしましょう。